お知らせ FAQ

レイキで理解した、ステロイドの恐さ|レイキならプラナ・ヒーリング施療院

プラナ・ヒーリング施療院 For English
予約制
0432908305 0432908305 施療時間
ご予約・お問い合わせ

レイキで理解した、ステロイドの恐さ

2014.08.21

ファースト伝授からは、ほんとにたくさんの変化が起きました。正直いって、辛いものでした。(今でも完全に終わったわけではないのですが。)
足にぬっていたステロイドをやめてから、足の傷はどんどん悪くなる一方でした。リンパ液がしたたり、ズボンがびしょびしょに濡れてしまうので、包帯をまいて押さえながら学校にいっていました。そのうち赤いピンクの肉が包帯をはずす時にいっしょにくっついてきてしまうようになって、さすがに自分でその傷口を見るのも恐くなってしまい、お風呂に入る時も見ないようにしていました。
ファースト伝授の約一週間後のことです。左足に湿疹が無数にできているのです。(悪かったのは右足)今までにないできごとだったので、「何だろう?」と思い、レスキュークリームをぬっていました。その次の日に、顔ににきびのようなざらざらしたものがたくさんできました。もともとにきびはできやすかったけれど、いつもと違う場所にできているし、にきびではなさそうな感じがしていました。

また次の日、にきびのような物がさらにふえ、どうやらにきびではないというのがその時点で分かり始めました。次の日には両足に物凄い数の湿疹が現れ、顔の湿疹からはリンパ液が流れて、真っ赤に腫上がりました。
もう学校にいけるような状態ではありません。その次の日には顔が二倍に腫上がりリンパ液でべとべとになりました。親も私自身もさすがにこれは大変なことになってしまったと思い大学病院の皮膚科に行くことになりました。そこで診察された結果、右足の傷がすべての原因のもとで、その傷を直さない限り、顔も両足の湿疹も直らないといわれ、結局ステロイドの塗り薬を出されました。
せっかく塗らないで頑張ってきたけれど、私にはこの状態があまりにも辛いものでした。電車に乗っていてもいろいろな人の視線が痛いくらいに突き刺さります。人と目をあわせるのが辛くなりました。結局これってステロイドを急激にやめてしまったことによる、リバウンド現象だったのです。私は長期間ステロイドをつかっていたので自分で副腎皮質ホルモンを作る力が弱っていたのです。
家に帰り、藁をもすがる思いで右足の傷にステロイドを塗りました。恐ろしいことですが、ぬったその日から傷がどんどん良くなっていくのがわかるのです。それほどに強い薬なのです。しかし、塗っていない左足や顔はますます悪くなる一方で、腕にも湿疹ができ始めました。
痛さと痒さで眠れない日々が続きました。まくらがリンパ液で濡れてしまい、気持ち悪くて寝れなくなりました。ついには顔が腫れ過ぎて目が開かない状態になりました。帽子をかぶり、人目をさけながら病院に行きました。体が火の車になっていてステロイドの塗り薬だけではもうきかないと言われ、ステロイドを内服しなければいけなくなってしまいました。こんなんことになるならステロイドを塗り続けていた方がよかったとおもい、すごく落ち込みました。
ステロイドを内服し始めて三日くらいたって、症状は目に見えて良くなって行きました。ほんとにステロイドはすごい利き目です。どんどんきれいになってゆくのです。そして一週間後には今までにないくらい肌がきれいになったのです。そして、徐々にステロイドの内服の量を減らしいきました。
飲まなくてもよくなった数日後に軽く化粧をしてみました。すると三日後にはあっという間に顔が真っ赤に腫上がり元のようになってしまったのです。私の皮膚はステロイド内服の副作用で異常に過敏になって、何でもアレルギー反応をおこしてしまうようになってしまったのです。また病院に行き今度は顔にステロイドを塗って症状をおさえることになりました。

塗ると次の日からどんどんよくなるのですが、塗らなくなると、皮膚が過敏になってしまっているために、顔を水で洗うのもしみて辛くなってしまいました。
体中の湿疹も、出ては引いてのくりかえしです。私は化粧するのがすごく好きだったので、もう元のようにできなくなってしまった自分がすごく辛くてなりませんでした。私は学校に行くこともなくなり、毎日鏡と向き合ってばかり、そして自分の顔の醜さに泣いて暮らしていました。ほんの二週間前まではステロイドを足にしか塗らなくてもよかったのに、今では腕にも足にも顔にも塗っている自分に、どうしてこんなことにと、考え込んでばかり、そして副作用の辛さにおびえる日々でした。

それでもなんとなくレイキでセルフしていました。でもその時の私は何もかも信じていない状態だと言っても良いくらい落ち込んでいました。そのような状況の中でも、私は良くなるための手段を得るために必死になってインターネットで、同じような症状の人の通っていた病院や、肌にあいそうな化粧品、健康食品、薬、お茶などを捜し、免疫学についての本を読んでみたりしました。毎日、早く良くなるようにと切実に願いました。
はっきりいって、焦っている状態でした。いろんな薬や健康食品を飲んでも一進一退というかんじでした。

でもある日、ふと気付いたのです。「なんだか他力本願だな-」と思ったんです。私はいろいろな薬や化粧品に頼っているばかり。それって、自分でなおそうとしていないのではないかと。薬も化粧品も、治癒に向かうための補助でしかないと。その日から、私の体をなおせるのは医者でも薬でもなく、私自身なのだと思えるようになりました。
人間というのは傷ができればかさぶたになって、それが剥がれて、新しい皮膚が形成されるように、すごい治癒能力が誰にだって備わっていますよね。でも当たり前すぎて、そのすごさに感謝してる人って少ないと思う。でもそれは、どんな化粧品よりも、薬よりもすごい力だなあと。
私はこの歳になって始めて自分の体のすごさに気付いて、自分の体に感謝する気持ちがうまれたんです。
私の体は私の意志に関係なく無意識のうちに呼吸したり心臓を休みなく動かしたり悪い物を直そうとしてくれているんだと感じた瞬間に「私は大丈夫。今私の体は私のこの状態を、一生懸命修復してくれてる」感じるようになりました。
私はその日からセルフで手をあてている時は、体の細胞達が、私の修復を円滑に行えるようにと願いながらやるようになりました。
それから数日後、少しずつ良くなっていたのに、いつもより無理した日があったのです。すると次の日にはなんとまた顔が真っ赤に腫上がってしまいました。私はすごくおちこみ、せっかく良くなっていたのにまた元の通りだと思いました。病院に行こうか迷いました。なぜなら病院に行けばまた顔にステロイドを塗らなければならないからです。
足や腕と違い、顔はステロイドの吸収率がとても大きいのです。その分副作用も大きくなるわけです。そこで、一日待ってみようと思いました。 次の日朝起きると、病状は平行状態でした。「あれ??」と思いました。なぜなら、今までは悪くなりはじめると顔中の湿疹からリンパ液がしみだしてくるはずだったのにそれがないのです。もしかして、、、、と思いました。あくる日、朝起きてみると顔の赤みがほんの少しだったけれど引いているのです。「やっぱり!!」と思いうれしくなりました。私の治癒能力があがっているのです。ステロイドに頼らなくても自分で直ろうとしてくれているのです!! その次の日からは顔の皮膚がたくさんめくれはじめました。痛いし痒いけれど、皮膚が一生懸命再生しようとしてくれている証拠です。私って、今まで自分のことを全く信じてなかったんだと思いました。私は物事を冷めた目で見る癖、そんなことあるわけない、そんなにうまく行くわけないと言う物の見方によって、自分の能力を押さえ込んでしまっていたんです。

それは治癒能力に限ったことではなく、あらゆることに言えると思います。レイキは私にそれを教えてくれました。
川原さんはレイキをすることによって、プラス思考になるとおっしゃっていましたよね。私がファーストを受けた時、川原さんに「プラス思考?それともマイナス思考?」と聞かれ、その時の私は胸をはって「マイナス思考です」と答えていました。(笑)
でも今の私はそんなことないです。だって自分に自身が持てるようになりました。自分に無限の可能性があることに気付きました。ステロイドを使うのをやめたくてはじめたレイキだったけれど、それだけでなく、物事を明るく考えることができるようになったんです。
レイキでプラス思考になるってこういうことだったのか。と、身を持って経験しました。きっとプラス思考になることによって病気も回復の方向へ向かってきたのですね。いままでの私って、ひねくれていたんだと思います。すごく勿体無い生き方だなーと。それをきづかせてくれたレイキに感謝です!!

ちなみに、完全にステロイドをやめられるようになったわけではありません。ただし、副作用のおおきい顔へは、つかわなくてすむようになりました。なるべくがまんしているからですが、足や手などはひどくなる前に塗ります。(レイキを始める前よりは量がへりました。)私は今回の経験を通して、自分のアレルギー体質がすべての原因だということに気付くことができました。湿疹が体や顔のいろんなところにできてしまうのはアレルギー反応だったのです。ですから、アレルギーがなおればステロイドも使わなくてすむようになってゆくのでしょう。このことを知ってから、生活習慣に気をつかうようになりました。いままで忙しくて睡眠時間もめちゃくちゃだったし、食生活もほんとにひどかったけど、見直す良い機会に恵まれたって感じです。
あの生活のまま暴走していたいつかたいへんなことになっていたでしょう。
今でも顔の皮膚は異常に敏感なので化粧はできないし基礎化粧品も使うことはできません。一時期水が物凄くしみて、顔を洗うのも大変でしたが、すこしずつ回復してきています。(まだ油断はできないけれど)そんななかで自分に刺激のない化粧品をさがすべく、いろいろ調べる内に、今市場にでまわっている化粧品の多くに、肌に良くない物がたくさん含まれていることを知りました。これからの私は肌につけても安全な化粧品を選ばなきゃと思いました。

ステロイドの恐ろしさを今この時期に知れてよかったです。社会人になってから、このような状況になってしまったら、私はきっと会社をやめることになっていたと思います。

あと、びっくりなのですが、たばこをもう二ヶ月も吸ってないのです。ずっとやめたいと思っていてもやめられず、禁煙しても一ヶ月が限度でした。それがレイキ伝授後から吸わなくても平気になった!!これってかなりすごいことです。もうさっぱり吸いたいとも思わないし。きっと体が健康にむかっていってる証拠なのでしょう。

市川市在住・MY様

* ステロイドの恐さは、使っていくうちに、副腎機能が低下してしまうことです。そこに気づかず、長い期間使っている方が多いですが、情報を的確に捉え、自分の体は自分で守りましょう。。  川原